上野村について

  • ホーム
  • >
  • 上野村について

上野村は、群馬県の最西南端にある森林に囲まれた
緑豊かな山里です。

上野村の中央にはよどみない清らかな神流川が流れています。耳を澄ませば聞こえてくる、川のせせらぎ、野鳥のさえずり、風の音、祭囃子の笛の音。楽しい行楽の帰り途、夜空をふと見上げれば満天の星。上野村には本物の自然があります。ゆったり流れる時間の中で家族の語らいがあります。週末にはゆっくりと野菜づくり。どこにも負けない「のんびり」がここにはあります。

東京中心部から自動車利用で、わずか2〜3時間という近距離にありながら、訪れる人々を感嘆させずにはおかない、その自然は「癒し」の力に満ちています。  スピード感と喧騒に満ちたアーバンライフに疲れたら、上野村でスローな時間を過ごしてみませんか。

自然を満喫する

名水がはぐくむおいしさ

村の暮らしを見つめ、
生命を育みながら流れる。

村内には、国土交通省の水質検査によって5年連続、関東一きれいな川として認定された『神流川』がゆるやかに流れています。
川は、村南端の三国山の深い森から湧き出た、一筋の清冽な流れから始まります。この流れは、岩を削って校谷をつくり、いくつかの沢を合流し、美しい滝や渓谷などの景観をつくりながら、しだいに村内のゆったりとした流れと変わっていきます。

この美しい流れは、村の暮らしを見つめ、命を育みながら流れています。
きれいな川にのみ生息するといわれるカジカやヤマメ、イワナ、鮎など貴重な川魚が生息しています。
おいしい水は村の生活水として暮らしを支えるとともに、キノコ、イノブタ、農産物など村の特産品を育んでいます。

川に親しむ生活 。
1年を通して、川にまつわる伝統行事やイベントが開催されます。

神流川の美しい流れは、風景だけでなく釣り人や子供たちの格好の水遊び場です。川にまつわる貴重な伝統行事が大切に継承されています。

「創造の森・上野村フェスティバル」

上野村の木工作家たち作り上げた生活用品から芸術性の高い作品までを一堂に展示・販売します。まほーばの森の中で開催されるこの催しは、森と作品が一体となり、別世界が広がります。

村のイベント

村までのアクセス

●都内からお車の場合は、東京練馬ICから関越自動車道、藤岡JCTにて下仁田IC、県道45号にて上野村へお越しいただくルートが最短です。

●都内から電車の場合は、JR上野駅から高崎線でJR高崎駅、上信電鉄にて下仁田駅まで。その後タクシーにて上野村へお越しいただくルートです。